「低料金+豊富な調査経験」費用対効果に自信があります。

探偵が使う様々な調査機材

探偵の調査では、様々な機材が使われています。
その機材の代表として挙げられるのは、カメラとビデオカメラです。
映画などに登場する、探偵やスパイといった物を想像した人は、SFのような高性能スパイカメラやピンホールカメラを思い浮かべたかもしれませんが、実在する探偵が使う撮影機材とは一般の人でも購入することが可能なカメラやビデオカメラが使われます。

ただ、一般の方でも購入することが出来る機材をそのまま使う探偵は少なく、市販されているデジタルカメラ、またはデジタルビデオカメラを独自に調節、改造を施し撮影に使用する場合がほとんどです。
その理由として、探偵が機材を使い撮影する調査現場は、撮影機材にとって過酷な現場が多く、浮気調査では、暗闇の中で調査対象者と浮気相手の姿を鮮明に写さなくては証拠映像として使うことが出来ないなど、撮影条件が大変厳しくなります。
そのため、一般に市販されているカメラの機能では満足な撮影が出来ないため、業務用とも呼べる高性能撮影機材を用意したり、独自に調節と改造を施し、解像度や望遠能力を高めたカメラとビデオカメラが使用されるのです。

高性能な機材と、独自に調節と改造を施すのには、鮮明な証拠を撮影するだけが目的ではありません。
例えば、暗視機能が低いカメラで浮気調査を行った場合、暗視機能が低いために、証拠映像の解像度が悪くなってしまう。
また、望遠機能も低い場合には、至近距離での撮影になってしまうので、調査が発覚するリスクが高くなってしまうのです。

探偵が様々な調査機材の導入と、それを使う調査員の育成に力を入れるということは、調査に掛かるリスクを少なくし、または証拠を鮮明に撮影するための手段なのです。

また、探偵が使う撮影機材の他に、調査業務の助けとなってくれる機材はたくさんあります。
その中でも盗聴発見調査でその実力を発揮する盗聴器発見機器は、盗聴発見業務をおこなっている探偵事務所にとって強い味方となり、高度化する盗聴技術に対抗するため、盗聴器発見機器の性能向上、そして機器を使う探偵自身の技術力の高さも求められるのです。

機材についての注意点は他にもあります。
それは、それぞれの探偵事務所が保有する調査機材が、本当に所持しているのか?といった点です。
業者の中には、さも高性能な機材を保有していると言っておきながら、本当はそのような機材を持っていないといった悪質な宣伝をおこなう業者も存在しているのです。
このような業者に騙されないためにも、探偵が保有する機材の確認は必ず依頼前におこなう必要があります。