「低料金+豊富な調査経験」費用対効果に自信があります。

興信所のトラブル

興信所へトラブル解決の依頼をしたら、その興信所が悪徳業者でさらに騙されてしまった。
トラブル解決のために依頼したのに、さらにトラブルに巻き込まれてしまった。
興信所へ依頼をしたことがある人で、このような体験をした人がいらっしゃいます。

近年、興信所と依頼者の間でトラブルが増えています。国民生活センターの調べでは、興信所と依頼者のトラブルは、 2014年の1年間で3000件以上の被害報告があります。

どういったトラブルがあるか見てみると、無料アダルトサイトから請求が来て解決してもらうために興信所にお金を払ったが、興信所と連絡が取れなくなった。
浮気調査を依頼したが、契約内容通りに調査を行わず、調査報告書も提出しないのに高額な調査料金を請求されて困っている。

これらの興信所のトラブルで多いのは、金銭に関するトラブルです。

調査を失敗したのに、着手金を返金してくれない。
事前に聞いていた金額とはまったく違ったので、依頼するのをやめたい。
途中キャンセルを頼むと、高額な違約金を請求された。

興信所と金銭に絡むトラブルには様々なものがありますが、最も多いのが「事前に聞いた金額とまったく違う」といったトラブルです。

興信所に調査見積りをしてもらった時点では、数十万の調査料金だったものが、調査が終わると追加で百万円近くの高額料金を請求されたという話も聞きます。

こうした、あとから高額料金を請求されないようにするには、契約内容をよく確認することが重要です。

契約内容には、「何時間の調査を、調査員何人で、何回に分けて行うか」が必ず明記されているか確認を行ってください。
もしも、曖昧な表現で時間や人数、調査回数が書かれていた場合は、その興信所には依頼をしないほうがいいでしょう。

また、追加料金が発生する場合の取り決めについても事前確認をしてください。
興信所では、30分延長でいくら、15分延長でいくらと、分単位で追加料金が発生する条件を指定している場合があります。
この追加料金が発生する条件を確認しておき、万が一調査時間をオーバーするようなことがあった場合は、必ず事前に確認するようにすれば、興信所と追加料金のことでトラブルになる可能性は低くなります。